ブログパーツ
北海道ショップ.BIZ
スポンサードリンク

国内旅行ランキングです

人気ブログランキングへ

北海道 旅行 北海道へ行こう > 北海道の行き方

北海道へタダで行く方法

北海道へタダ行く方法

↑ こんな言葉を聞いたことはありませんか?

なんか怪しいと思っているあなたは・・・正常です。



実は本当にタダで行けるんです。

航空会社の株を買えば、一年に2回ほど割引航空券がもらえますが、株を買うのは少々勇気がいりますよね。

でも、買い物をするだけで行けるんですよ。⇒ 日常のカードのご利用でもマイルがどんどんたまるJALカード


そして貯めたマイルで航空運賃を払ってしまう。

買い物なんかをVISAとかJCBで・・アメックスでもいいですけど・・


JALカードと提携しているカードを作れば、貯めたマイルで北海道へ

海外旅行なんかもいけちゃいますよ。旅好きの方は見逃せないですよね。


ネットでの注文はカードが多いので私もJALカードでマイルをためています。

今年の夏は好きな北海道にマイルで行きます。


旅好きな方は一度ご覧下さい。↓

 

北海道へ一番安く行く方法 5

北海道へ行く方法はいろいろありますが、

一番安くいく方法は・・・

 

 

それは

 

 

ヒッチハイクです←おいおい

 

冗談は置いといて、自転車、歩き、ヒッチハイクを除けば

 

一番安いのは、フェリーだと思います。

これは一人の場合で、車なしの場合です。バイクでフェリーに乗っても安いですが、

 

一人ならフェリーが安いです。大勢人がいるなら、車に乗っていくのもいいと思います。

 

左のサイドバーの中にフェリー会社のHPがありますから、そこから、乗車料金を探してみてください。

B寝台は雑魚寝ですから、安いのは間違いないです。

 

どうしても、安く早く行きたい人には格安航空券を安く手に入れる方法があります。

 

それは、航空会社の株を買って、株主優待券で行く方法です。

でも株は高いですよね。

 

でもこの株主優待券、簡単に買えるんです。

町の金券ショップでも売ってるくらいです。それとあのヤフオクでも今年は8000円くらいで買えました。

 

この株主優待券をもって旅行社へ行けば一枚で片道が半額で買えます。

これはお勧めです。

 

その他、シーズンオフであればかなり安く航空券は買えます。

格安航空券についてはこちら⇒格安航空券ランキング

 

トワイライトエクスプレス 5

【トワイライトエクスプレス】
北海道に旅行に行くときに、あなたは何に乗っていきますか?車?それとも飛行機?

 

ちょっと豪勢な旅を楽しみたいのなら、トワイライトエクスプレスはいかがですか?

トワイライトエクスプレスとは、大阪から札幌までを結ぶ寝台特急で、1989年に運行を開始しました。

トワイライトエクスプレスは大阪から札幌までを21時間49分とほぼ一昼夜かけて日本海沿いを走っていきます。

トワイライトエクスプレスにはスイートルーム、ロイヤルルームなどの個室や寝台車両があり、その他にもレストランやシャワー室、サロンカーなどがあり、まさに動くホテルです。

 

レストランでは洋食と和食のどちらかを選ぶことができ、予約なしで気軽に食べられるランチをはじめ、夜にはフランス料理のフルコースを食べることもできます。

ドリンクも各種ワイン、ビール、ウィスキー、日本酒、ソフトドリンクと充実しており、チーズ盛り合わせやハムなどのおつまみも頼むことができます。

飛行機で短時間で北海道に到着するのも良いですが、トワイライトエクスプレスで移動時間からゆったりと旅行を楽しむのはいかがですか?

 

太平洋フェリーで名古屋から北海道へ

2年ほど前に北海道に行った時のデータです。

 

今年はETC割引で1000円でどこまでいけるかが勝負ですが、

フェリーでのんびり愛車と行くのも最高です。

 

4人くらいで行けば安く行けますし船の中でもあきません。

船の中ではパソコンで遊んでいる人も多く見かけました。

何か暇つぶしのものを持っていったほうがいいでしょうね。

 

フェリーの経過時間と費用の比較です。

高速利用しても5時間程度の短縮その上費用はかなり高くなります。

 

最新の情報では高速フェリーでかなり早くいけるようです。

フェリーの利用料金と経過時間
名古屋→仙台→苫小牧 太平洋フェリー 函館→青森→仙台→名古屋
名古屋 11日20:00発

仙台  12日17:00着

仙台  12日20:00発

苫小牧 13日10時45分着

所要時間 38時間45分

二等和室で 35200円(1割引)

車はエミーナ

全長 4.7m

全幅 1.7m

前項 1.9m以下

排気量 2.2L

函館   17日 23時40分発

青森着  18日 3時30分着

仙台まで高速

仙台発  18日 12時20分発

名古屋着 19日 9時20分着

所要時間 33時間40分

青函フェリー 16060円

高速 青森→古川  4600円(ETC割引)

燃料代(概算) 380km 10km/l 115円(軽油)

             4370円

太平洋フェリー  B寝台で 23300円(1割引)

合計  48330円

 

帯広へJALで 5

北海道へJALで行ってきました。

今回はJALの一社化で二枚(往復)の株主優待券をもらいましたので往復飛行機の優雅なたびです。

片道18950円、往復で37900円、ゴールデンウィークの真ん中でこの値段は安いと思います。

また、名古屋空港はJALを利用の場合、駐車場が一週間まで無料です。これもっと早く知っておけばよかった。これはかなりお徳ですよ。

 

 

t1飛行機の中から見た田沢湖

 

 

 

 

 

 

 

 

当日はやや曇り、飛行機は50人乗りの小型機窓際はかなり狭かったです。

身長180CM以上の人は頭がつかえます。

ゆれがかなり、あるのと小型機のためちょっと怖かった。いつもはジャンボなのでゆったりと座れましたが、小型機の窓際は天井が迫ってきてます。

 

 

 

 

 

 

 

お1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、帯広が見えてきました。

約一時間半のフライトです。

 

 

 

 

 

 

 

お2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空から見ても畑はかなり広いです。

見慣れているとはいえうれしいですねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機はCRJ−200

全長26.8mの小型機です。座席数は50席

重さは26.3t 結構軽いですね。

 

 

 

 

 

 

k1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯広空港です。ここからレンタカーを借りました。

トヨタレンタリースを旅行会社経由で借りました。

愛車はヴィッツ、これ結構燃費良かったですよ。

八日間で燃料代を別にすれば30000円ぽっきり。

 

 

お4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

 

出発の日 5

北海道へ行ってきました。

4月28日約20年ぶりくらいに道東に行ってきました。

名古屋駅の名鉄に行くと、他社に変ったとか・・・重い荷物を持ったまま、ミッドランドスクエアへ

ん1このミッドランドスクエアは出来たばかり

向かいのJRセントラルタワーより少し高いらしい、少しね。

この前も変ってます。かなり道が広くなってます。

バスはすぐ来ました。県営名古屋空港まで約20分、高速を通るのですごく早くなりました。

空港はかなり寂しくなっています。

ほとんど、セントレアへ移ってしまったので小型機と地方空港を結んでいるだけです。

向かいにはセントラルタワーが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

 

北海道に行く人の為に 5

北海道から帰ってきました。

久しぶりの北海道ですが、名古屋から行くと北海道の道の走り方が違うのがよくわかります。

北海道を走るときの注意事項です。(そんなの知ってるよって方はさくっと飛ばしてください。)

・道が広いため、どこを走っていいかわからない。また、知らない間に速度が上がっている。100キロなんて知らない間に出てます。アベレージスピードは80キロくらいです。

・直線が多い。そのため単調になり、まえの車がブレーキをかけるのに気がつくのが遅くなる。飛ばしているので急ブレーキをかけることになる。

・移動平均速度が60キロくらいに設定しているとちょうどいい。北海道へ来ると地図の距離感が違うために結構無理なペースで走ってしまいます。

・パトカーが後ろ向きで止まっているときは要注意。後ろ向きでスピード違反の取締りをしています。知らずに高速で近づくのも危険です。また、他府県ナンバーはよく狙われます。

・北海道の人は必ずっていいほどブレーキをかけてからウインカーをだす。飛ばしているのでそうなると思いますが、道を探しているときも要注意、看板なんてすぐ見えなくなります。結局急ブレーキをかけることに。道を一本間違えるととんでもないところにいってしまう。

・ガソリンスタンドが少ないので郊外を走っているときは早めに給油を!最近の車は燃費がいいので問題ないですが、バイクを乗る人は要注意。

・今年行ってみてびっくりしたのですが、道がすごく良くなっています。高速なんていらないと思うけど・・あります。走行車が少ないので只のところもあります。でもどちらでも変わらないような気もしますが、当然砂利道なんてことが昔はよくありましたが、国道では少なくなりました。

道がいいので快適ですが、飛ばしすぎには要注意です。

ではでは

 

ANAからお得なお知らせ 5

全日空から北海道へ行く方にお得なお知らせです。

こちらをクリックしてみてね。

 

空と海からの北海道 5

商船三井が「飛んでクルーズ 北海道」を発表

 空と海の組み合わせによるフライ&クルーズのプランです。クルーズ発着地は北海道の小樽、網走で、3日間、5日間のコースがあります、利尻・礼文への寄港と知床を海から眺める航路です、

昨年は5日間コース2航海(3日間コース4航海)でしたが、好評にお応えし5日間コース3航海(3日間コース6航海)としました。

「にっぽん丸 飛んで クルーズ北海道」

小樽/利尻/網走/礼文/小樽の5日間のクルーズを8月29日(水)〜9月2日(日)、9月2日(日)〜6日(木)、9月6日(木)〜10日(月)と連続3航海実施。参加しやすい小樽〜網走、網走〜小樽の3日間だけの乗船コースもあります。
5日間の料金は、116,000円〜472,000円(G・H・Iコース)。
3日間の料金はコースにより、56,000円(B・D・Fコース)〜240,000円(A・C・Eコース)。

 詳しいことはこちらから⇒商船三井ホームページ

 

北海道までの航空運賃 5

  北海道までの航空運賃 片道料金です。2006年12月現在

東京(羽田空港)からのアクセス
 札幌(新千歳空港) 
     JAL・ANA・ADO・SKY 1日54便 1時間30分  29800円
( ADO23400円・SKYは13900円)
  函館
     JAL・ANA・ADO     1日7便 1時間15分  28100円 (ADOは21900円)
  稚内
     ANA            1日2便 2時間     38500円
  オホーツク紋別  
     ANA            1日1便 1時間55分 38000円
  女満別
     JAL・ANA・ADO     1日7便 1時間40分 36800円
  根室中標津
     ANA            1日1便  1時間40分 36800円
  釧路
     JAL・ANA         1日5便  1時間40分 34800円
  十勝帯広
     JAL             1日4便  1時間35分 34300円
上記の航空運賃は出発時期や航空会社・取り扱い旅行社によって変ります。
 

年末年始の予約状況では12月27日と1月1日が特に安いそうです。余裕のある方は多少時期をずらせばかなり安くいけますので早めに探して安く買ったほうが確実だと思います。

大阪・神戸からのアクセス
 大阪 関西空港
   札幌(新千歳空港)
     JAL・ANA       1日8便  1時間50分 36900円
   函館 
     JAL・ANA        1日3便  1時間35分 34700円
   女満別
     JAL・ANA        1日2便  2時間5分 43400円
   旭川
     JAL            1日1便  2時間5分 40900円
 伊丹空港
   札幌(新千歳空港)
     JAL・ANA        1日4便  1時間45分 36900円
 神戸空港
   札幌(新千歳空港)  
     JAL・ANA        1日4便  1時間45分 36900円
格安航空券を探すなら格安航空券販売サイトJDA が親切に相談に乗ってくれます。

続きを読む

 

北海道の行き方記事一覧

  • 北海道へタダで行く方法
  • 北海道へ一番安く行く方法 5
  • トワイライトエクスプレス 5
  • 太平洋フェリーで名古屋から北海道へ
  • 帯広へJALで 5
  • 出発の日 5
  • 北海道に行く人の為に 5
  • ANAからお得なお知らせ 5
  • 空と海からの北海道 5
  • 北海道までの航空運賃 5